仕事の効率を上げる方法と男性ホルモンの分泌を増やす事との関係とは?ドーパミンとテストステロン【2020】

スポンサーリンク

仕事の効率化のための数値目標の理由とは

毎日の仕事に終われてなかなか早く帰宅できないという悩みを持つ人はたくさんいますが、日々の仕事をただ漫然とこなしていませんか。ただ日々のルーティンワークをこなしているだけでは、本人のやる気もでませんし、なかなか効率化にはつながらないのです。

 

毎日だらだらと仕事して残業の毎日となっていませんか

 

そこで、特に男性の場合には仕事を行う上で数値目標を設定したり、仕事の締め切りの期限など設定してみたりと明確にわかりやすい目標を設定することが仕事の効率化にもつながりますし、若返りの効果も期待できるのです。

具体的には、日々の仕事をこなす上で一定の目標を設定した場合には、設定した目標を達成しようという意欲から、やる気ホルモンともいわれるドーパミンが分泌されることになります。他にも、若返り効果のある男性ホルモンのテストステロンが活発に分泌されるのです。

ドーパミンがもたらす仕事への効果とは

このとき分泌されるドーパミンは、神経伝達物質の一つであるノルアドレナリンセロトニンと並んで三大伝達物質のひとつといわれています。そして、このドーパミンは快感ややる気、学習能力という点で本人に大きな影響をもたらします。

すなわち、ドーパミンが分泌されることによって、上を目指して頑張ろうというモチベーションがあがったり、得意なことに没頭できたりと目標の達成を可能なものにしてくれるのです。

また、ドーパミンは長期的な報酬を楽しみにすることで、疲労や空腹といった短絡的な欲求を抑えてくれるので、仕事に没頭することができます。

このように、仕事を漫然と行うのではなく、目標を設定することでドーパミンの分泌を促し仕事を効率的に行うことが可能になります。

 

ドーパミンを分泌させることによって、仕事へのやる気が上がるのです

テストステロンがもたらす仕事への効果とは

数値目標を設定することによって、他にも男性ホルモンであるいテストステロンの分泌が活性化されることになります。

このテストステロンとは、男性ホルモンの一種で男性の場合は精巣で多くのテストステロンが分泌され、獲物の捕獲本能や闘争本能といった生存競争に勝利するための原始的なホルモンです。また、テストステロンには、骨や筋肉の強化や維持したりと男性をより男らしくしてくれるホルモンですし、若々しくしてくれる若返りホルモンの一種でもあるのです。

特に、仕事におけるテストステロンの重要な効果は、脳の認知機能にも関与し集中力が高まったり、決断力や判断力を高めてくれます

つまり、ただ漫然と具体的な目標も設定せずに日々の仕事をこなしているだけではテストステロンは活性化せず集中力もあがらないのですが、目標を設定することでテストステロンは活性化されはじめるので、その目標に向かって集中して仕事をできるようになるのです。

テストステロンの分泌の促進による意外な効果とは

テストステロンは男性ホルモンですから、男性ホルモンの分泌が増加すると性的な能力も向上します

テストステロンの分泌が増加すると、闘争心や意欲を駆り立てるので異性の関心を引きたいという気持ちも強まることから、身だしなみにも気をつけるようになり自然と若返り効果も得られますし異性にももてるようになるのです。

また、テストステロンの分泌が高い人は決断力があり積極性も高いことから、低い人に比べて平均年収が高めだとも言われています。

数値目標を設定する場合に注意すべき点とは

ただ漫然と仕事をするのではなく、数値目標を設定する時に注意すべき点はその期間の区切り方が重要になってきます

例えば、その数値目標の期間があまりに長すぎると緊張感がなくなってしまい達成感が薄まってしまいますし、その反対に期間が短すぎるとプレッシャーとなってストレスがかかりやすくなってしまいます。

そこで、数値目標を設定する場合には、およそ一週間、一ヶ月、三ヶ月のスパンを意識して設定するようにしましょう。3つの期間に分けて目標設定することで、仕事の進め方を具体的にイメージして仕事に挑むことができ、過度にストレスを感じることもなく目標に向けて仕事に打ち込むことができます。

また、数値目標を設定した後でも、仕事をこなすにつれて常に現状の段階を記録をつけるようにすることも重要です。設定した目標に対して自分が現在どの段階にいるのかを絶えずチェックすることで、自分がどの程度進んだのか、あとどれくらいなのかがよりはっきりとクリアに見えますし、達成意欲が駆り立てられるので、常に男性ホルモンの分泌が促進される状態にしておくことが可能になります。

 

目標にたいして常に自分の現状を確かめながら仕事しましょう

ドーパミンの分泌を高める方法とは

仕事に有効な効果をもたらしてくれるドーパミンですが、数値目標設定以外にもドーパミンを増やす方法があります。

ドーパミンの分泌を促す食品を摂取する

ドーパミンの材料となるのは、タンパク質に含まれるアミノ酸のチロシンです。

チロシンを多く含む食品としては、アボガド、バナナ、アーモンド、チョコレート、ソラマメ、スイカなどがあります。

もっとも、ドーパミンの材料となるチロシンだけではく、タンパク質の分解に必要とされるビタミンB群や鉄分など、分解や合成を促す栄養素なども上手に摂取することによって効率的にドーパミンを分泌できるようにしましょう。

適度な運動をする

運動をすることによって、脳内の血流量が上がり栄養素が十分に提供されることになるので、ドーパミンの分泌量を促進することができます。

また、運動することによってランナーズハイのような充実感や満足感を得られますが、このような充実感を得られるのもβエンドルフィンだけではなくドーパミンが分泌された効果でもあるのです。

新しい趣味を持つ

毎日を同じことの繰り返しにするのでなく、絵や写真、手芸、ガーデニングなどの新しい趣味などにチャレンジすることによっても、脳が新しい刺激を受け集中することでドーパミンの分泌が促進されます。

自分の好きなことに没頭することによって、ドーパミンの分泌が促されることになるので、自分にとって興味のある時間を忘れられるような趣味をもつようにしましょう。

テストステロンの分泌を高める方法とは

テストステロンにも数値目標の設定以外にも、分泌を促す方法があります。

 

テストステロンの分泌を促す食品を摂取する

テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、良質なタンパク質をとることによってその分泌を促すことが可能です。タンパク質を摂取することによって、筋肉の増強効果も期待できることから、男性ホルモンの効果を高めるという点において効果的です。

良質なタンパク質としては、牛肉や豚肉、鶏肉、魚、卵、大豆などといった食品から補充することができます。

筋肉トレーニングをする

筋肉トレーニングをすることによって、大量のテストステロンが分泌されて筋肉に運ばれます。筋肉トレーニングをすることで、ドーパミンが分泌されるとともにテストステロンの分泌も促されるのです。

もっとも、フルマラソンのように長時間の激しい運動をいた場合には、血液中のテストステロンの数値が下がってしまうことかから、張り切りすぎて長時間のトレーニングをすることは避けましょう。

 

筋肉トレーニングはテストステロンの分泌を促しますが、やりすぎに注意しましょう

良質の睡眠をとる

質の高い睡眠をとることによって、男性ホルモンの分泌が増えて、朝のテストステロンの数値が大幅に上昇することが可能です。

良質な睡眠をとるためには、ホルモン分泌にとってゴールデンタイムの22時から翌2時までの時間は睡眠時間にあたるようにし、合計で7時間程度は眠るようにしましょう。

忙しいからといって十分な睡眠時間をとらないと、テストステロンの分泌量も減少し、良い仕事をするのに妨げになります。

 

仕事を漫然とするのでなく数値目標を設定し、同時にドーパミンやテストステロンの分泌を促すことによって効率的に仕事できるようにしましょう。