老化による肌荒れを防いで肌を綺麗にする方法とは?肌に良い食べ物

スポンサーリンク

お肌を若々しく保つ食べ物・栄養素とは

コラーゲン

肌に弾力をもたらしているのは、真皮の主成分であるコラーゲンですコラーゲンはタンパク質の一つであり、真皮の他にも靭帯や腱、軟骨などを構成しており、体内のタンパク質の約30パーセントほどがコラーゲンだといわれています。

コラーゲンは、水分を保って肌の弾力を維持してくれていることから、お肌のハリを保ち潤いをもたせるためには必要なのです。しかし、このコラーゲンも40代以降になると体内で新しくコラーゲンが作られる機能が低下してくることから、体内のコラーゲン量は減少していってしまいます。

コラーゲンが体内から不足すると、肌は弾力を失って、シワやたるみ、乾燥などの肌トラブルがおきやすくなってしまうのです。

そこで、若々しい肌を維持するためには、コラーゲンを補充することが重要です。そして、真皮は表皮より下にあることから、皮膚表面から化粧品などでコラーゲンを摂取するよりは食事で摂取したほうが効果的になります。

コラーゲンを多く含む食材としては、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、スッポン、フカヒレ、エイヒレなどに多く含まれていますので、コラーゲンを補充したい場合には積極的にとるようにしましょう。効率的にとりたい場合には、鳥やアンコウ、フカひれなどのコラーゲンを多く含んだ食品をじっくりと煮込んで、コラーゲン鍋として食べるのが効果的です。

このとき、コラーゲンはビタミンCとセットでなければ吸収されないことから、コラーゲンを摂取する場合にはコラーゲン単体で取るのではなくビタミンCも一緒にとるようにしましょう。

 

ビタミンC

ビタミンCには、お肌を綺麗にする様々な効果があります。

まず、ビタミンCにはニキビや吹き出物ができるのを防ぎ、改善する効果があるのです。これは、ニキビなどの原因となるのは過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まりですが、ビタミンCには過剰な皮脂の分泌を抑制する効果があるためです。

また、ビタミンCには酵素阻害作用によって、メラニン色素の生成を抑える効果があることから、日焼けした後のシミを抑える効果があります。シミを予防するためにも、ビタミンCは効果的です。

さらに、ビタミンCは肌を潤いを保つコラーゲンの合成を促す効果があることから、肌にハリと潤いを取り戻させてシワを改善することができます。

ビタミンCを含む食材としては、ピーマン、レモン、芽キャベツ、菜の花、イチゴ、みかん、柿、カリフラワーなどに多く含まれています。ただし、ビタミンCは水溶性で熱を加えると壊れてしまうことから、生で食べたほうが多く摂取することができますし、加熱する場合にはできるだけ短い時間の加熱に抑えましょう。

 

美肌を維持するためにビタミンCを多く含んだ食品をとりましょう

 

ビタミンA

ビタミンAにも、肌を若々しく保つための様々な効果があります。

まず、ビタミンAにはコラーゲンを多く作りだす効果があることから、お肌のハリと潤いを保つのに役立ちます。

また、ビタミンAは紫外線の受け止めてくれるので、細胞が紫外線によって損傷するのを防止してくれる機能もあるのです。これによって、紫外線によるお肌のダメージを軽減することができます。

さらに、ビタミンAは身体の老化を促す原因となる活性酸素を防止してくれる抗酸化作用があることから、身体全体の老化を防ぎお肌を若々しくするのに効果的です。

ビタミンAを多く含む食材としては、豚や鳥などのレバー、あゆ、のり、ほたるいか、緑茶などに多く含まれています。ビタミンAには動物性の食品に含まれるレチノールと植物性に含まれるプロビタミンAがあるのですが、プロビタミンAは必要な分だけビタミンAに変換されるので感情摂取の必要性は低いのにたいして、レチノールは身体に残りやすく過剰摂取になりやすいので注意が必要です。

 

 

お肌の仕組みをきちんと理解し、お肌の老化を防いで美肌を維持するためにしっかりと対策していきましょう。