食材のデトックス効果を高める簡単な調理方法とは?デトックスに有効な食事【2020】

スポンサーリンク

 

デトックスと取るべき食材についてはこちら

デトックスの効果を高めるために取るべき食材とは?キレート作用と必須ミネラル【2020】
デトックスとは キレート作用を持つ食材とは 必須ミネラルを多く含む食材とは 有害物質を吸着して排出させる食材とは 私達が毎日生活している中で、知らず知らずのうちに身体に毒素を溜め込んでいます。毒素といってもざまざまな毒素があるのですが、その一つとして有害重金属があり、有害重金属の代表的なものとして水銀やカドミウム、ヒ素

デトックスに効果的な食材を食べるときの調理法の重要性とは

デトックスについては、岩盤浴やヨガなどで汗をかいて解毒作用をはかるなどの様々な方法があるのですが、その中でも野菜や果物など様々な食材に栄養を効率的に摂取することによって、身体の本来持っている毒素の排出作用を高めようとするのがデトックス料理です。

しかし、デトックスに良い食材を食べることは重要ですが、間違った調理法で食べていては身体に良いどころか逆効果にもなりえてしまいます。さらに、食材を生で食べるよりもより効率的に摂取できるように調理して食べるほうが、デトックス効果も高まるのです。

せっかく意識してデトックス料理を食べるのですから、より良い効率的な方法で食事をするようにしましょう。

デトックスに有効な野菜や果物を調理するときの注意点とは

デトックス料理といえば、第一に野菜や果物が健康的で良いイメージをもたれる方は多く、生でそのまま食べる人も多いですが、野菜や果物の皮にはポリフェノールカロテノイドなどの有効な成分が数多く含まれている一方、農薬に汚染されている場合も多いことから、そのまま生で食べてしまうと有害重金属の過剰摂取となってしまう場合があります。

デトックスのために野菜や果物を食べているにもかかわらず、逆に有害重金属を体内に増加させることになってしまっては本末転倒です。

そこで、野菜や果物を食べる場合には、一番外側の皮や葉は取除いてしまい、十分に水洗いした後から調理に入ることにしましょう。もっとも、有害重金属を洗い流すことに一生懸命になりすぎて、長時間水に浸したりさらした状態が長く続くと、ビタミンCやB群などの水溶性の栄養素が水分中に溶け出してしまうことから、やりすぎに注意しましょう。

 

水洗いを十分にして有害物質を落としてから調理しましょう

デトックスに有効な肉や魚を調理する時の注意点とは

肉や魚については、果物や野菜のように表面に農薬などがついているということはありませんが、農薬や重金属を含んだ牧草を食べていたり、汚染された海水で育ったプランクトンや小魚を食べていたりと、食物連鎖によって有害重金属などの毒素が身に濃縮されている可能性があります。

そこで、肉や魚を食べる場合にも、調理の前に熱湯で湯通ししたり、軽く茹でたりすることによって、残留している有害物質を減少させることができます

味付けや下ごしらえで工夫すべき効果的な方法とは

野菜や肉、魚などを食べる場合に、そのまま食べるだけではなくタマネギやニンニクに含まれる硫化アリルを利用してみましょう。硫化アリルには、有害重金属などの有毒物質を排出を促すキレート作用があります。

また、硫化アリルには消化液の分泌を助けて食欲を増進させたり、新陳代謝に必要なビタミンB1の吸収を促したり、免疫力をアップさせる効果がありますので、上手に利用すること相乗効果が期待できます。

この成分は、刻んだりすりおろしたりする場合に細胞の中の酵素が壊れて生成されるものであることから、刻んで肉や魚と一緒に煮込んだり、細かく刻んで漬け汁に食材を浸しておいたりすることで、生のまま食べるよりも様々な味のバリエーションを楽しむことができますし、有害物質を取除く効果が期待できます。

 

タマネギを様々な料理に使ってデトックス効果を得ましょう

 

また、大根やわさびなどに含まれるイソチアシアネートにも、同様に有害物質の排出を促す作用がありますし、同時に優れた殺菌作用もあることから、刺身にわさびや大根を添えるやり方で食すのも効果的な食べ方です。

使用する油に関する注意点とは

通常日本の過程で使われている一般的な油は、酸化されやすい性質を持つリノール酸という脂肪酸が主な成分であるサラダ油が多く使われています。

しかし、リノール酸は酸化しやすいことから、酸化した油は過酸化脂質になってしまい、この過酸化脂質はフリーラジカルとなることから、細胞の老化を促進しがんになりやすくなる性質をもっているのです。また、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎などの原因ではないかとも言われています。

そこで、デトックスに良い食材を調理する際に用いる油は、αリノレン酸を主成分とするごま油やシソ油、オレイン酸を主成分とするオリーブオイルを用いて調理するようにしましょう。

これらはリノール酸に比べて酸化しにくいだけではなく、ごま油に含まれるセサミノールには、ビタミンEの5倍相当の抗酸化力があることから、デトックスと同時にアンチエイジングにも役に立ちます。

 

オリーブオイルやゴマ油を用いて調理するようにしましょう

調理する器具に関する注意点とは

日本において最近では少なくなってきてはいますが、鍋などの調理器具にアルミニウムを含む鉄製のものが多く使われてきました。

そのためか、記憶障害や筋肉の硬直を引き起こす有害重金属の一つであるアルミニウムの過剰摂取を招きやすい状況になっているのです。

さらに、アルミニウムには通常有効な抗酸化物質であるビタミンCやビタミンE、ポリフェノールやカロチノイドといった抗酸化物質と反応することで、体内の酸化を促進する物質に変化してしまうという欠点もあるのです。

そこで、デトックスや抗酸化作用の効果を落とさないためにも、鉄製の調理器具は避けるようにしてステンレス製のものやフッ素加工されたものを使用するようにしましょう。