基礎代謝を上げるには?老化防止やダイエット対策の方法【2020】

スポンサーリンク

老化による体の変化と基礎代謝

ずっと若い体でいたいというのは誰しもが憧れることですが、実際には男性も女性も18歳前後になると、体の成長が止まってしまいます。

そして20歳以降になると、ずっと体の老化の現象が続くことになり、初めはゆっくりですが、30代に入ると老化は加速し始めてしまいます。

中年の仲間入りをする40歳前後になると、体は大きな曲がり角を向かえ、目に見えて自覚できる体の変調が現れてしまうのです。これがいわゆる老化現象であり、年を重ねるにしたがって起こる体の機能の低下です。

こうした老化現象は、すでにいくつか現れている人と、全く現れていない人がいるのですが、その違いは人によって老化のスピードが異なるからです。

さらに、50歳前後になると、女性にはもう一度体の曲がり角がやってくるのですが、ここで若い体でいるか老けた体でいるかを決定つける要素があります。それは、基礎代謝力の違いによって決定されるのです。

 

ずっと若い体のままでいたいですよね

基礎代謝力とは?

人の体は、眠っている時であっても体温を調整したり呼吸したり、熱を生み出したり、血液を循環させるなど様々な活動をしています。

これは、無意識的に食事で取り込んだエネルギーをこれらの活動のために消費しているのです。

このような働きが、基礎代謝と呼ばれる働きです。この基礎代謝で消費されるエネルギー量を基礎代謝量といいます。この基礎代謝量を生み出す力が基礎代謝力です。

基礎代謝力の下がる原因とは

女性の一生を通じて、基礎代謝量が最も大きくなるのは14歳のころであり、それ以降は基礎代謝の機能が低下してしまうことから、徐々に基礎代謝量は落ちてしまいます

こうなると、基礎代謝力も落ちてしまうことから、体内で次第に老化が進んでしまっているのです。

基礎代謝量が減少し、基礎代謝力が低下する大きな原因の一つは、加齢によって全身の筋肉量が落ちることにあります。

これは、基礎代謝に必要なエネルギーが主として筋肉で使われることから、加齢にしたがって筋肉量が減少してしまうと、使われるエネルギー量が減少してしまうからです。こうなると、基礎代謝力が低下してますます老化が進んでしまいます。

 

そのままだと若い時の筋肉量が維持できなくなるのです

基礎代謝力を上げる方法とは

筋肉量が低下することによって基礎代謝量が落ちるのですから、その逆に、筋肉を鍛えて筋肉量を増やせば、基礎代謝力は上がります。そして、基礎代謝量を上げることができれば、老化のスピードをゆるやかにすることができるのです。

筋肉量を上げるといっても、いきなり激しいトレーニングをしては体も心もついてきませんから、1日30分程度のウィーキングと、10分程度のスクワットや腕立て伏せなどの筋肉トレーニングを週に3,4回は行う習慣をつけるようにしましょう。

これだけでも、何もしないよりははるかに基礎代謝力を上げることができ、若返るための基礎ができることになります。

基礎代謝力が高まれば、失った肌のハリやシワなどの老化現象の多くはかなり改善することが可能です。

できれば若いうちからこのような習慣を持ちたいものですが、更年期を迎えてからでも遅いということはありません。思い立ったが吉日で、すぐに運動を開始して若いままの体を手にいれましょう。

 

筋肉量を上げて、基礎代謝力の高い若い体を手にいれましょう

コメント

  1. […] 基礎代謝を上げるには?老化防止やダイエット対策の方法ずっと若い体でいたいというのは誰しもが憧れることですが、実際には男性も女性も18歳前後になると、体の成長が止まってし […]