弱ってる胃腸を強くする方法とは?老化の原因と予防

スポンサーリンク

老化によって胃腸が弱る原因とは?

老化に基づく胃腸の衰えの原因は、他の臓器に比べて明確な理由というのは明らかになっていませんし、個人個人によっても老化の程度は異なります。

もっとも、胃腸も他の器官と同様に筋肉でできていることから、筋肉細胞が加齢によって衰えてくると、胃腸の働きも弱くなってきてしまうのです。人が加齢するにしたがって便秘がちになるのも、筋力の低下と関連があります。

また、老化にともなう唾液の分泌量の低下は、食べ物をスムーズに胃に運ぶのことの妨げとなってしまいますし、胃液の分泌量の低下は食物の消化に支障をきたしてしまうことから、体全体の衰えと胃腸の衰えとは全体的に関連があるといえるのです。

さらに、胃腸は脳の影響を受けやすいことから、精神的な過度のストレスも胃腸に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

あなたの胃腸は老化によって衰えていませんか?

弱ってる胃腸の様々な症状とは

下痢や便秘が長期間続く

腸管と脳は密接な関係にあることから、精神的ストレスが生じていると身体的にもストレスとなるので、相互に影響をあたえてしまいます。

過敏性腸症候群(IBS)になってしまうと、下痢型や便秘方、混合型などがあり、慢性化してしまうため、過度なストレスは厳禁です。

自分なりのストレス解消法を見つけるとともに、気にしすぎないようにすることも大切です。

 

血の混じった黒い便が出る

排便時にティッシュに血がつく場合には、多くの場合痔が原因ですが、排便時に痛みがない場合には、消化管からの出血の可能性があります。

大腸や直腸の出血の場合には、血の混じった便がでることがありますし、胃や十二指腸の出血ならば便が黒くなってでてきます。

このような場合には、大腸ポリープ大腸がんなどの疑いもあることから、早めにお医者さんに行くようにしましょう。

 

食後などにみぞおち部分に痛みが出る

食べ過ぎや飲みすぎ、不規則な生活などによって胃酸と胃の粘膜のバランスが崩れてしまっていたり、胃腸の蠕動運動が上手く行われていない場合には、胃もたれや胃痛、胸焼けなどがおこってしまいます。

このようなものが一過性のものならば問題はないのですが、痛みが続くような場合には、胃や十二指腸に炎症や腫瘍ができている可能性があるので注意が必要です。

一般的に、みぞおち周辺に痛みが出るような場合には胃潰瘍の疑いがあり、空腹時であれば十二指腸潰瘍の疑いがあります。早めに受診して診てもらうようにしましょう。

 

胃腸を強くして若さを保つ方法とは

自律神経との関係

消化吸収は自律神経の働きと密接に関係していることから、興奮していたりして交感神経が働いているときは、消化管の動きは抑制されています。

反対に、気持ちがリラックスしていたり眠っている場合には、副交感神経が働きエネルギーの蓄積が高まるのです。

そこで、消化吸収を促すためにも、食後には十分な休養をとったり、夜はぐっすりと眠るようにして胃腸を働くようにしましょう。

 

胃腸の働きを良くするためには休養も必要です

咀嚼との関係

食べる場合には、なるべく多く咀嚼してから食べるようにすると、唾液の分泌が促されて、食べ物の消化を助け胃液の分泌を促すことになります。

そして、脂質は消化に時間がかかることから、肉や魚ばかりとるのは控えましょう。

 

カフェイン・アルコールとの関係

カフェインやアルコールなどは胃酸の分泌を高めてしまうことから、胃の粘膜を傷つける可能性があるので取りすぎに注意が必要です。

 

ストレスとの関係

胃腸の働きとストレスとは関係があることから、ストレスに対して抵抗力を高めたい場合にはビタミンCが必要となります。ストレスから胃腸がやられそうな場合には、ビタミンCを積極的にとるようにしましょう。

どうしても胃腸の調子が悪い場合には、おかゆや煮込みうどんなどの消化の良い食べ物を食べることも効果的です。週に1回は胃腸に優しい食べものを食べる日を作って胃腸を休ませましょう。

 

 

十分な休養をとり、過度なストレスを解消しながら胃腸の健康を維持していきましょう。

 

コメント