食事のAntiaging

食事のAntiaging

ダイエットのために太りにくい食事と時間帯とは?日内変動とホルモンとの関係

日内変動をもとにした体の仕組みとは 太りにくい朝食の取り方 太りにくい昼食の食べ方 太りにくい夜食の取り方とは 人間の体内には日内変動という脳の体内時計によってコントロールされた、体温や血圧、ホルモンの分泌などが1日のうちで変動する仕組みが備わっています。
2020.06.30
美容のAntiaging

噛む回数の増加の効果と満腹中枢を刺激する方法とは?かかる時間とダイエットとの関係

よく噛んで食べることの効果とは よく噛む事が痩せやすい別の理由とは よく噛んで食べる事と唾液との関係とは 良く噛んで食べる方法とは 食べるのが好きでダイエットしたいにもかかわらずたくさん食べてしまう、という方は多いですが、このような人は食事をする際に1口につき20回は噛んで食べるようにしましょう。
2020.06.30
美容のAntiaging

自律神経の乱れの原因とダイエット・体重への影響とは?

自律神経という言葉を聞いたことがある人は多いのかもしれませんが、自律神経というのは、本人が意識していないことを自動的に行っている神経のことをいいます。例えば、普段食事において食べものを口に入れて飲み込むと、後は自動的にトイレに行くと食べた食物は消化吸収されて便として排出されてきますが、この勝手に消化吸収してくれる作業は
2020.06.30
健康のAntiaging

免疫力低下の原因と免疫力を高める食事とは?免疫力を上げる食べ物

人間の体の中の血液には、白血球と赤血球が存在しまいます。赤血球は酸素や栄養などを体全体に運ぶ働きをしており、白血球は体内に侵入したウィルスや細菌を殺菌し排除するという免疫機能を司る働きをしています。白血球などが作用する免疫力が弱くなってしまうと、当然私達の体は病気にかかりやすくなってしまい、また、なかなか治りにくいとい
2020.06.30
健康のAntiaging

弱ってる胃腸を強くする方法とは?老化の原因と予防

老化に基づく胃腸の衰えの原因は、他の臓器に比べて明確な理由というのは明らかになっていませんし、個人個人によっても老化の程度は異なります。もっとも、胃腸も他の器官と同様に筋肉でできていることから、筋肉細胞が加齢によって衰えてくると、胃腸の働きも弱くなってきてしまうのです。人が加齢するにしたがって便秘がちになるのも、筋力の
2020.06.30
美容のAntiaging

歯周病の予防と原因とは?加齢と老人がなる理由

通常、正常な永久歯は上下左右それぞれあわせて、そして通称親知らずと言われる第三臼歯とがあり、合計28~32本もの歯があります。しかし、この歯の本数は、虫歯や歯周病などが原因となり、加齢にともなって次第に減少していくのが普通です。歯の状態が悪くなると、見た目だけではなく十分な咀嚼ができなくなることから、消化不良になってし
2020.06.30
スポンサーリンク