肌のシミの原因とシミを消す方法とは?肝斑・そばかす対策

スポンサーリンク

肌のシミができる原因とは

誰しも肌にシミができてくると気になるものですが、この肌のシミという言葉はそもそも医学用語ではありません。顔や身体における色素定着した部分のことを、一般にシミと呼んでいるのです。

この色素定着とは、メラニン色素が一部に部分に多く作られて肌の奥に蓄積した状態を言うのですが、色素定着が起こる原因としては、肌のかぶれやこすりすぎ、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因が存在していますが、最も大きい原因は太陽の紫外線です。

お肌である皮膚は、外側にある表皮とさらに内側にある真皮によってできているのですが、このうち表皮は、ケラチノサイト(表皮細胞)メラノサイト(色素細胞)によって構成されています。

この表皮に含まれるメラノサイトには、紫外線を感知するチロシナーゼという酵素とチロシンと言う物質が含まれており、紫外線を浴びるとチロシナーゼが紫外線の肌への侵入を防ぐためにチロシンに働いて黒褐色のメラニンの生成するのです。

この作られたメラニンが、ケラチノサイト(表皮細胞)に送り込まれることによって、紫外線から細胞核を防いでくれています。

このように、メラノサイトによって作られたメラニンは紫外線から細胞核を守るために作られる有用なもので、通常、約28日の周期で新しい細胞に作り変わられるターンオーバーで古い皮膚とともに作られたメラニンも剥がれ落ちてその役割を終えるのです。

これが通常のお肌のサイクルになるのですが、紫外線を大量に浴びるなどメラニンが過剰に生成されてしまった場合には、ターンオーバーでは処理しきれなくなり新陳代謝が滞ると過剰なメラニンが肌に残ってしまうことから、やがては肌のシミとなって現れるようになってしまうのです。

また、紫外線は肌のシワを作るだけではなく、シワやくすみなどの他の肌のトラブルをもひきおこすので、若いときからの紫外線対策をするようにしましょう。

さらに、肌にシワができる主な原因は紫外線ですが、ストレスや煙草などで体内に活性酸素が増加すると、この活性酸素の影響でもメラノサイトが刺激されてメラニンの過剰な生成がなされてしまうことから、注意が必要です。

 

お肌のシミ対策には紫外線への対処が重要です

肌のシミの種類とその対策とは

お肌のシミやそばかすが顔にできてしまったとしても、そのシミやそばかすには様々な種類があることから、種類が異なると治療法も異なるので間違ったケアをしてしまっている可能性があります。

どの種類のシミやそばかすなのかを正しく認識し、正しい対処法をすることが症状の改善につながるのです。

肝斑(かんぱん)

30代から40代以降の女性の顔の頬あたりからこめかみにかけて、ほぼ左右対称に現れることの多い褐色のシミです。

妊娠中やピルなどの経口避妊薬を服用している時に引き起こされやすいことから、女性ホルモン、特に卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの係わり合いが深いとされています。また、紫外線やホルモンバランスが崩れることでも原因となります。

妊娠中に現れる場合には、出産後次第に消えていく場合もありますが、継続して存在することもあり、経口避妊薬の場合には摂取が長期になればなるほど症状が続くことになります。

肝斑の治療には、トラネキサム酸という色素沈着抑制効果を持つ内服薬が効果的です。同時に、美白外用剤などを組み合わせることもあります。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑は、鼻とその周辺に直径数ミリ以下の小さな茶褐色の斑点がたくさんできるもので、他のシミと比べて遺伝的な要因が強いものです。

肝斑などとは違い、早い場合には3歳ごろからすでに症状が見られ始め、思春期になるとさらに著しくなる場合があります。

遺伝的な要因が強く色白な人に多いですが、他のシミなどと同様に紫外線を浴びると悪化の原因となるので他のシミ対策と同様に紫外線を浴びすぎないようにしましょう。

すでに発生してしまったそばかすを薄くするために、LシステインビタミンCビタミンEなどの内服薬を摂取することが効果的です。ケミカルピーリングやレーザーによる治療も効果的な場合があります。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、顔や手や前腕などの日光の当たる部分に、数ミリ程度から数センチ前後の大きなものまでの褐色から濃褐色の色素斑が出現する症状です。

老人性色素斑は、紫外線を多く浴びた人ほど症状が現れやすいシミで、老人性という名前がついていますが、早い人だと10代や20代から症状がでる人もいます

シミのある部分とシミのない部分との協会が明確であるのが特徴で、円形のものが多く見られます。

老人性色素斑の初期のものならば、ビタミンCトラネキサム酸の内服液や美白成分配合のクリームなどによって治療を行いますが、ケミカルピーリング、レーザーによる治療が効果的です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、中年以降によく発症するいわゆる老人性イボとも呼ばれる症状で、盛り上がったシミが次第にイボ状になっていき、数ミリから大きいものでは数センチほどの少し隆起している症状をいいます。

顔や前胸部や背部など体のさまざまな場所に発生し、健康な皮膚に近い色のものから褐色のものまで様々な濃さのものがあります。

加齢とともに次第に数が増加するとともに、老人性色素斑から移行していく場合があるものです。

基本的に良性腫瘍であることから、治療の対象にならないものも多いですが、箇所によって見た目に問題が生じたり生活上不便な場合には、切除手術やレーザー治療によって治療することになります。液体窒素を用いて行う凍結治療は麻酔を必要としないため、簡単で治療しやすい方法であるといえます。

色素沈着型化粧品皮膚炎

色素沈着型化粧品皮膚炎とは、化粧品などを日常的に使っている場合に、肌が赤くなったりぶつぶつがでるなど皮膚炎ができ、そのまま放置した場合に色素定着してできるシミです。化粧品などが原因となっていますが、紫外線によって濃くなる傾向があります。

化粧品を使い始めてすぐに症状がでる場合もありますが、長く使っている間に次第に肌がかぶれてくる場合もあることから、注意が必要です。

軟膏などの外用薬で治療しますが、抗ヒスタミン剤などの内服薬を使用することもあります。ピーリングなどによる治療を行う場合もあります。

シミ対策には早い段階から紫外線対策を

現在顔などにシミがない方でも、皮膚の奥には過去に蓄積されたメラニンが潜んでおり、いつ表面化してシミができるかわかりません。

加齢するにしたがって紫外線対策はしっかりしていても、若いころからのメラニンの蓄積で数ヵ月後や数年後に急にシミが顔に出てきたという恐れもあるのです。

そうならないためにも、なるべく早い段階から紫外線対策を行っていき、年をとっても美しい肌を保てるようになります。

 

シミ対策に早いうちからしっかりと紫外線対策をしておきましょう

 

コメント

  1. […] 肌のシミの原因とシミを消す方法とは?肝斑・そばかす対策誰しも肌にシミができてくると気になるものですが、この肌のシミという言葉はそもそも医学用語ではありません。顔や身体 […]