ダイエット方法の一つであるウォーキング運動の時間とカロリー消費と効果との関係とは?やり方と歩き方【2020】

スポンサーリンク

ダイエットのための適度な運動とは

ダイエットする時に重要なのは、食事制限と適度な運動とよく言われます。でも、運動といってもジムに通う時間もないし、激しい運動するのはしんどいと考える人も多いです。

ここで、よく言われる適度な運動というのは、きつくもなくかといって軽いわけでもなく、5分もすると汗ばんでくる程度のややきつめ程度の運動のことをいうのです。

ウォーキングならば、やや早めで大股歩きで歩くといったイメージです。

適度な運動の有効な効果とは

運動には有酸素運動無酸素運動があり、運動に必要なエネルギーを得るために酸素と使うかどうかが有酸素運動と無酸素運動とを分ける違いになります。

このうち、有酸素運動は長時間にわたって体を動かし続ける運動で、運動中に呼吸によって絶えず酸素を体内に取り入れ続けてエネルギーを作り出すので、体内の脂肪を燃焼させる効果があるのです

また、有酸素運動を続けていると酸素を常に取り入れ続けているので、心肺機能が高まることで長時間運動していたとしても息切れもしにくくなります。つまり、有酸素運動を長期間にわたって続けることで、いわゆるスタミナをつけることができるのです。

このようにスタミナや全身持久力が高くなると、これらが低い人に比べて心臓や血管の病気にかかるリスクが低くなり、死亡率もグンと低くなるという健康面で非常に良い効果があります。

 

有酸素運動でスタミナをつけると脂肪が燃焼するだけではなく、健康にも良いのです

有酸素運動であるウォーキングがおすすめの理由とは

このように健康にとって非常に有効な有酸素運動ですが、有酸素運動にはウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳などがあります。

この中でも、おすすめはウォーキングです。ウォーキングは、他のスポーツのように特別な施設や道具などの必要もありませんし、お金もかからないので金銭面でも負担もウェアとシューズくらいで済ますことができます。

また、忙しくて運動する時間がないという人であっても、通勤時や休みの時間の空いた時間に工夫次第でいくらでもすることができるのでお手軽です。

効果的なウォーキングの方法とは

ウォーキングをする場合には、いきなり歩くと足や膝など体を痛めてしまったり、体に負担も大きいことから、まずはストレッチをしましょう。

まず、右足を歩幅1歩分程度前に出して、体の重心をゆっくりと前に移動させます。両手を右の膝にのせて、左足のアキレス腱と股間節を痛くない程度に伸ばします。これを左右を入れ替えて行いましょう。上半身も手を上げて背筋を伸ばすなど、適度に動かしておくとより効果的です。

ウォーキングをする際には、背筋を伸ばして腕をよく振って行うようにしましょう。腕をしっかりと振ることによって、脂肪燃焼を促す褐色脂肪細胞が多く集まっている肩甲骨を動かすことになるので、脂肪燃焼率を向上させることができます。

また、ウォーキングをする際には、大股で呼吸が大きく乱れない程度に早足で歩くようにしましょう。股関節を大きく動かすことになるので、ウォーキングの運動負荷を高めることになりますし、普段歩いている時に使わない筋肉を鍛えることもできます。

 

ちゃんとしたウォーキングをすることで脂肪燃焼率もアップします

 

ウォーキングによってダイエット使用とする場合には、1日に5~10キロメートルで、時間は20分以上の時間するように心がけましょう。

平均的な成人で体重50キログラムの人の場合には、30分程度のウォーキングでおよそ130キロカロリー消費することができます。継続して行うことで月単位で見た場合には、ウォーキングをやっている人とやっていない人では4000キロカロリーもの差が生じてしまうことから、継続は力なりです。

 

是非ウォーキングを普段の生活に取り入れることによって、健康な体を手にいれましょう。

 

コメント

  1. […] ダイエット方法の一つであるウォーキング運動の時間とカロリー消費と効果との関係とは?やり方と歩き方ダイエットのための適度な運動とは 適度な運動の有効な効果とは 有酸素運 […]

  2. […] ダイエット方法の一つであるウォーキング運動の時間とカロリー消費と効果との関係とは?やり方と歩き方ダイエットのための適度な運動とは 適度な運動の有効な効果とは 有酸素運 […]