若い血管年齢を維持するために血管年齢を下げる方法とは?改善のための食べ物と運動

スポンサーリンク

血管年齢の老化している人が増えている原因とは

血管の中でも動脈の状態が血管年齢を表し、健康で長生きするためにはこの血管年齢の若さを保つことが重要です。しかし、人は他の臓器や筋肉と同様に、年をとるにしたがって血管も老化してきてしまいます。

特に、現代では欧米型の食事や運動不足などの生活習慣が広まっていることによって、血管の老化のスピードも昔より早くなってきており、病院の検査で実年齢より10歳や20歳高い血管年齢の人も増えているのです。

血管年齢が老化する原因は、コレステロールと中性脂肪が大きく影響しています。欧米化した肉を多く食べる食生活では、コレステロールや脂肪やたまりやすくなるのも当然です。

また、血管年齢の老化は、喫煙やストレスによってももたらされてしまいます。現代のビジネス社会で過度なストレスを抱えてしまったり、煙草が普及し喫煙することによっても血管年齢は老化していくのです。

 

あなたの血管年齢は老化していませんか

血管年齢の老化がもたらす影響とは

血管の働きは、心臓から血液をスムーズに流すことによって、全身に栄養と酸素を行き渡らせる動きをしています。健康な血管は弾力に富んでいてしなやかですが、老化することで弾力を失って硬くなってきてしまうのです。

このように血管の弾力が失われると、血管壁の厚みが増加し血液の流れが悪くなることから、肌に潤いがなくなってしまったり、肩こりや腰痛、冷え性などの様々な症状を引き起こしてしまいます。

それだけではなく、血管が老化し硬くなる、いわゆる動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わるような病気を発症する危険性もあるのです。

血管年齢の老化を改善する方法とは

食生活の改善

血管年齢を改善するためには、食生活の改善が重要です。

イワシやアジなどの青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には、動脈硬化を防ぐ効果があることから、普段の食事でもこれらの青魚をとるようにしましょう。青魚を日常的に食するのが難しいという人には、サプリメントもおすすめです。

 

青魚には動脈硬化を予防するDHA・EPAが含まれています

 

また、日本人の食卓でよく見られる納豆には、良質なタンパク質の他にもタンパク質分解酵素のナットウキナーゼが含まれています。このナットウキナーゼは、納豆のねばねばに含まれている成分で、血栓のもとになるタンパク質を分解してくれることから、動脈硬化を防いで血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。

さらに、野菜をたくさん食べることも重要です。野菜に含まれるビタミンCは血管を強化することに役立ちますし、ビタミンEは血行を促進する効果があります。特に、高酸化作用がある緑黄色野菜を食べることで、体内の活性酸素の増殖を抑制することができるので、血管を若返らせることができます。

有酸素運動などの適度な運動

血管年齢を若返らせるためには、適切な食事だけではなく適度な運動も効果的です。

運動でも特に有酸素運動が効果的で、有酸素運動にはウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどがあります。

有酸素運動をすることによって、全身の血流が増すことから、血管が広がり血液の流れを良くすることができるのです。また、有酸素運動をすることによって、心肺機能や血管機能が高まりますので、高血圧の予防にもつながります。

さらに、有酸素運動をすることによって消費カロリーが増大し、ダイエットにもつながりますので、動脈硬化の原因となるコレステロールや中性脂肪を減らすこともでき、血管年齢を若々しく維持できるのです。

 

適度な有酸素運動も血管年齢を若く保つためには重要です

禁煙

煙草を吸うことによって毛細血管が収縮することから、血圧が上昇してしまうので、高血圧の人には心筋梗塞や脳梗塞の危険を高めてしまいます。

また、煙草に含まれるニコチンには、体内の活性酸素を増やしてしまうことから、動脈硬化を促進してしまうのです。

 

血管年齢を若々しく保ち、動脈硬化にならないためにも喫煙は控えるようにしましょう。

コメント

  1. […] 若い血管年齢を維持するために血管年齢を下げる方法とは?改善のための食べ物と運動血管年齢の老化している人が増えている原因とは 血管年齢の老化がもたらす影響とは 血管年齢 […]