大人の成長ホルモンの効果と分泌を高める睡眠・時間・筋トレとは?

スポンサーリンク

成長ホルモンの効果とは

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは、健康な肌や丈夫な骨を作るのに役立っており、体の筋肉の元になるタンパク質を作るのを助ける働きや、体脂肪を分解したりする働きがあります。

人間にとって重要な、体を美肌にする効果や健康を増進する効果、老化を防止する効果、肥満を解消する効果など、このような強力なアンチエイジング効果をもたらすのが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンは、様々なアンチエイジング効果をもつ重要なホルモンなのです

成長ホルモンが低下した効果

体内で成長ホルモンの分泌低下が起こってしまうと、体脂肪が増加して反対に筋肉量が減少し、新陳代謝が悪くなってお肌が荒れるようになってしまいます。

大人の成長ホルモンの分泌されるタイミングとは

睡眠時

強力なアンチエイジング効果をもつ成長ホルモンを味方につけるためには、その分泌されるタイミングが重要になりますが、第一の成長ホルモンの分泌されるタイミングは、睡眠時です。

睡眠時といっても、特に寝付いてから30分ほどでやってくるノンレム睡眠とよばれる深い眠りの時に、成長ホルモンが大量に分泌されることになります。

このノンレム睡眠時が、夜10時から午前2時の間の場合には、よりいっそう成長ホルモンの分泌が促されることになるのです。

睡眠時に分泌されるホルモンは、お肌にとっても重要です。日中に紫外線を浴びてダメージを受けたお肌を、夜の間に修復することから、美肌を維持するのにも貢献しているからです。

また、お肌と同様に日中の活動や運動によって傷ついた筋肉に、タンパク質を補給することによって修復し、筋肉量を増加させたりしています。

このように、夜のノンレム睡眠時に分泌された成長ホルモンが、荒れた肌をよみがえらせたり、筋肉を作ったりして体を維持するのに重要な役割をしています。

 

美肌や筋肉を作るためには睡眠時の成長ホルモンが重要です

筋トレ

成長ホルモンの分泌が促される次のタイミングは、筋トレ後です。

筋肉トレーニングなどによって筋肉が刺激を受けると、脳下垂体が活性化して、成長ホルモンの分泌が促されます。この分泌の促進は、筋トレ後3時間ほど続くことになります。

力士などが、激しいトレーニングの後にご飯をしっかり食べて寝ますが、これはこのような成長ホルモンの仕組みを上手く利用したものなのです。

成長ホルモンの分泌を高めるには

質の良い睡眠の確保 寝る時間

成長ホルモンが深い眠りであるノンレム睡眠時に分泌されることから、当然質の良い十分な睡眠をとることが重要になります。

夜11時には眠るようして、理想の睡眠時間として7時間半は眠るようにしましょう

そして、眠る前には安眠を妨げる炭水化物や甘いもの、アルコールなどの摂取は控えます。血糖値が上がると、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうからです。

適度な運動の習慣

きつくもなく軽くもなく、軽く汗をかく程度の運動を習慣化しましょう。男性ホルモンの分泌を促すのと同時に、ウォーキングとスクワットなどをして筋力を鍛えていきます。

トレーニングをすると、少なからず筋肉はダメージを受けることから、このダメージを修復するために成長ホルモンが分泌されるからです。

このように、成長ホルモンの分泌される仕組みを理解することで、筋力アップも容易になってきます。食事で肉や魚などのタンパク質を豊富にとり、トレーニングを繰り返していけばよいのです。

成長ホルモンの分泌を促して、筋肉で引き締まった若々しいプロポーションを手にいれましょう。

 

コメント