肌をきれいにするメイク落としにおすすめの洗顔方法とは?にきび・肌荒れ対策

スポンサーリンク

女性にとって重要なメイク落としとお肌との関係とは

女性にとって毎日のメイク落としはお肌をもとの状態に戻すために必要なものですが、きちんと正しい方法でメイク落としができているでしょうか。

洗顔の本来の目的は、その汚れを落として肌を清潔な状態に戻すことであって、お肌が本来の清潔で健康な状態を維持しているのならば、新陳代謝なども良くなることからくすみやにきびなども自然に解消できてしまいます。

逆に、洗顔しても健康な肌ではない場合には、くすみやニキビなどの状態も改善しないのです。

洗顔は、本来お肌を清潔に保つためのものですから、できるだけ丁寧に洗おうとする人も多いですが、メイクを完全に落とそうとして、ゴシゴシ力をいれて洗うなどの方法はしないようにしましょう。また、シャワーに入ったときに、熱いお湯で髪などと一緒に洗ってしまったりすることも止めておきましょう。

これは、メイクが残ったまま寝てしまうとお肌に非常に悪いと感じる方が多いのが理由ですが、実際にはメイクが多少残っていても自然に取れてしまうにたいして、メイクを完全に落とそうとするあまりに、肌への過剰な刺激を与えて肌の保湿成分までも洗い流してしまうことのほうが問題だからです

 

メイク落しで洗顔しすぎていませんか

洗顔のしすぎの問題点とは

洗顔の目的は本来の清潔なお肌に戻すことなのですが、過剰に洗顔してしまうとお肌に必要な皮脂やお肌の保湿を保つ角質層の細胞間脂質や天然保湿成分までも洗い流してしまうことになってしまいます。

お肌の保湿成分までも洗いながされてしまうと、お肌の水分保持力が低下してしまうことから、肌の表面である角質が固くなってしまってゴワゴワした肌になってしまいます

肌の保湿を保つ細胞間脂質や天然保湿成分は角質細胞を層状に保って体内に侵入しようする外的刺激からのバリアの役割もしていることから、乾燥や紫外線から身を守るためにさらに肌が硬く厚くなってしまうのです。

肌が厚く硬くなってしまった場合には、お肌の表面にある毛穴が角質でふさがれてしまうことから、毛穴がつまりやすくなってしまいニキビの原因となったり毛穴の黒ずみの原因ともなってしまいます。

お肌を綺麗に保つために一生懸命洗顔したつもりが、結果としてよりお肌を乾燥して硬くしてしまったり、ニキビや黒ずみの原因を作ってしまうのです。

 

洗顔のしすぎはニキビや毛穴の黒ずみの原因になってしまいます

メイク落としを楽にするためのメイクとは

メイク落しの洗顔のしすぎによるお肌へのデメリットについては分かりましたが、メイクを上手く落としたいのと肌の洗いすぎへの課題とを両立させようとする場合には、そもそも日常から落ちやすいメイクをすることが重要です。

ファンデーションにも様々な種類がありますが、その中でもリキッドファンデーションは水分や油分を多く含んでおり、艶やかなお肌にしたい場合によく用いられます。

密着度が高いうえに肌のカバー力もあるので、乾燥しにくいという利点もあります。

しかし、リキッドファンデーションはメイク崩れがしにくいという特徴があることから、1日の終わりに洗顔でしっかりとクレンジング剤などでメイクを落とす必要があるので、洗顔後には保湿成分も落ちやすくなってしまいやすいという欠点もあります。

同様に、クリームファンデーションもファンデーションの中でも最も多くの油分を含んでいることから、洗いおとすのが大変になってしまいます。

一方、コンパクトケースに入った固形タイプの一般的なパウダーファンデーションは、油分をあまり含んでおらず、さらっとしているのが特徴です。

そのため、パウダーファンデーションは基本的にお肌に浸透しないので、クレンジング剤などをつかってしっかりと洗顔する必要もなく、石鹸洗顔だけで落とすことができます。

このような理由から、お肌が弱い人や毎日メイクをする必要がある人は、メイク落しのしやすいパウダーファンデーションを使うようにしましょう。洗顔でお肌の保湿成分をも落としてしまう危険性が低くなります。

 

落としやすいパウダーファンデーションがおすすめです

肌に刺激を与えすぎない正しい洗顔のポイントとは

肌に刺激を与えすぎない正しい洗顔の方法は、まず手をよく洗って手の雑菌などを上手く落とした後に、ぬるま湯で顔を軽く洗い汚れを落ちやすくしておきます。

次に、洗顔料をよく泡立たせて肌へ手が直接触れないようにするのですが、泡の目安は卵1個ほどの大きさの泡を作りましょう。

手に十分な泡を作ったら、皮膚の丈夫で皮脂の多いとされている額のTゾーンから洗うようにします。指が肌にあまり触れないように優しく洗うのがポイントです。

Tゾーン、頬と洗った後に、皮膚の弱い目元や口元を洗うのですが、泡をのせる程度の軽く洗う程度で十分です。

洗い流す場合には、あまり熱いお湯で洗い流してしまうと、必要以上に皮脂を洗い流してしまうので、お肌を乾燥させる原因となってしまいます。そこで、33~36度程度のぬるま湯で洗い残しのないようしっかりと洗います。

 

メイク落しによる洗顔の注意点をしっかりと理解し、お肌を綺麗に保っていきましょう。

コメント

  1. […] 肌をきれいにするメイク落としにおすすめの洗顔方法とは?にきび・肌荒れ対策女性にとって毎日のメイク落としはお肌をもとの状態に戻すために必要なものですが、きちんと正しい方 […]

  2. […] 肌をきれいにするメイク落としにおすすめの洗顔方法とは?にきび・肌荒れ対策女性にとって毎日のメイク落としはお肌をもとの状態に戻すために必要なものですが、きちんと正しい方 […]

  3. […] 肌をきれいにするメイク落としにおすすめの洗顔方法とは?にきび・肌荒れ対策女性にとって毎日のメイク落としはお肌をもとの状態に戻すために必要なものですが、きちんと正しい方 […]