健康のAntiaging

美容のAntiaging

低体温の原因と症状とは?風邪やダイエットへの影響とその改善方法

通常健康な人の体温は平均で36,8度あることから多くの人が36度台なのですが、最近は35度台の低体温の人も増えてきています。通常の健康的な体温から、わずか1度だけ下がってしまうだけで、身体の基礎代謝力は12パーセントも低下してしまうのです。仮に、通常平熱36度台の女の人が、体温35度台になった場合には、基礎代謝量は13
2019.11.10
健康のAntiaging

高齢者が食事を食べにくくなる嚥下障害の原因と症状とは?咀嚼機能と誤嚥性肺炎

人が食事する際において、食べ物や飲み物を飲み込むことを嚥下(えんげ)というのですが、この嚥下とは、口から喉、食道を通過して胃にいたるまでの全ての過程を含んでいます。この嚥下機能は、出生時に授乳から離乳を経て次第に獲得していき、普通に食べれるようになっていくのですが、高齢になるにしたがって次第に嚥下機能は衰えていくのです
2019.11.10
健康のAntiaging

健康と美容の維持のアンチエイジングに役立つハーブの種類と使用法、その効果とは?

ハーブ(herb)の名前の由来は、ラテン語で草を意味するherbaから来ており、薬効のある成分を含む植物のことです。薬効成分を含む植物であることから、薬草や香草、薬用植物とも呼ばれています。このような人に有効な薬効成分を含んでいることから、ハーブの効能の発見に伴ってはるか昔から人類の生活の様々な場面でハーブは利用されて
2019.11.10
健康のAntiaging

カラーセラピーの色の意味と効果とは?赤青オレンジ黒白色

カラーセラピーとは、直訳すると色彩療法のことを意味し、色彩を用いた心理療法のことをいいます。ここで、色彩療法とありますが、薬を出したりする医療行為ではありません。普段私達の周りには様々な色にあふれている中で生活していますが、この様々な色彩が私達の心身に少なからず影響を与えているのです。こうした心身への影響を持つことから
2019.11.10
健康のAntiaging

おすすめのハーブティーの作り方と人気のハーブの種類と効果とは?

スペアミントやローズマリーなど様々な場面でよく利用されるハーブですが、ハーブとはラテン語で草の意味をもつHerbaという単語に由来しています。ハーブは香りを持つことから香草とも呼ばれていますし、薬効を持つことから薬草とも呼ばれています。料理の場面でもよく香辛料としてハーブは使われていますが、ハーブの花や茎、葉を利用する
2019.11.10
健康のAntiaging

女性ホルモンの乱れを招くストレスの影響とは?女性ホルモンを整える方法

女性ホルモンとは 女性ホルモンの分泌される場所と自律神経の関係とは ストレスを感じる原因とは ストレスが女性ホルモンに対して与える悪影響とは 女性ホルモンの乱れに対する対処法とは 人間の身体の中にはホルモンと呼ばれているものが40種類以上存在しているのですが、このうち、女性の健康を保ったり毎月きちんと生理がくるように作
2019.11.10
美容のAntiaging

月経周期(生理)と女性ホルモンの体に及ぼす影響とは?月経前諸侯群とエストロゲン・プロゲステロン

そもそもホルモンとは 女性ホルモンとは エストロゲン(卵胞ホルモン)の特徴とは プロゲステロン(黄体ホルモン)の特徴とは 女性ホルモンと生理の周期との関係とは ホルモンという言葉を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、ホルモンとは身体の様々な働きを調整する化学物質で、脳下垂体や甲状腺といった内分泌腺という身体の各所
2019.11.10
健康のAntiaging

体の毒素排出する方法とは?毒素の影響とデトックス

現代の工業や科学の発展によって、大気汚染や海洋汚染などが拡大し、大気中や水分中に様々な化学物質や毒素が蔓延しています。その空気中にあるダイオキシンやPM2,5などを口から吸うことによって体内に毒素を吸収してしまうことになりますし、食物連鎖によって濃縮された水銀や鉛を含んだ魚介類などを食べることによっても、体内に毒素をた
2019.11.10
健康のAntiaging

重金属と体内毒素の人体への影響とは?その毒性と排出・デトックス

よく聞くデトックスという言葉は体内毒素を体外に排出して健康になろうというものですが、体外毒素とはなんなのでしょう。毒素とは、本来環境の中に存在する有害な化学物質の全般を指すのですが、現在デトックスと言われるもののターゲットとなっているのは、工業先進国などに多く存在する有害重金属です。つまり、デトックスと言う場合の排出す
2019.11.10
健康のAntiaging

自律神経の乱れのその症状と原因とは?自律神経失調症と交感神経・副交感神経の優位

自律神経の働きとは 交感神経と副交感神経の働きとは 自律神経の乱れと老化との関係とは 私達が普段自分の意思で腕や足などの筋肉を動かしている神経を運動神経というのですが、反対に心臓のように自らの意思に関わりなく体を動かしてくれるもので、人間が生きていくために無意識のうちに心身の機能を調整してくれるのが自律神経です。
2019.11.10
スポンサーリンク