健康のAntiaging

大人の成長ホルモンの効果と分泌を高める睡眠・時間・筋トレとは?【2022】

成長ホルモンは、健康な肌や丈夫な骨を作るのに役立っており、体の筋肉の元になるタンパク質を作るのを助ける働きや、体脂肪を分解したりする働きがあります。人間にとって重要な、体を美肌にする効果や健康を増進する効果、老化を防止する効果、肥満を解消する効果など、このような強力なアンチエイジング効果をもたらすのが成長ホルモンです。
美容のAntiaging

DHEAの効果と増やし方とは?副作用や不妊への効果【2021】

DHEAという言葉はあまり聞きなれていないかもしれませんが、DHEAは男性ホルモンと女性ホルモンの源となるホルモンで、マザーホルモンとも呼ばれている重要なホルモンなのです。女性にとって女性ホルモンも男性ホルモンも若々しさを保つために重要なホルモンなのですが、DHEAを摂取することによって、この女性ホルモンと男性ホルモン
美容のAntiaging

男性ホルモンが多い女性の特徴と男性ホルモンを増やす食べ物とその効果とは?【2022】

女性において1日に分泌される男性ホルモンの量とは 男性ホルモンが女性の体に与える影響とは 男性ホルモンの分泌量を上げるためには 男性ホルモンの別の意外な効果とは 女性の体において、1日に分泌される男性ホルモン(テストステロン)の量は、通常の男性の約10分の1から20分の1しかありません。
美容のAntiaging

若さを保つホルモンの種類と効果とは?老化予防とDHEA、メラトニン、成長ホルモンとの関係【2022】

ホルモンは、人間の脳内や卵巣などの内分泌腺において分泌され、身体の成長や働きを調整する物質の総称のことをいいます。このホルモンの種類は100種類以上あるとされており、血管を通して分泌され、体温を調整したり血液の流れを調整したり、身体の各部の様々な機能に影響を及ぼしているのです。煙草を吸うと血管が収縮してしまい、血液が体
健康のAntiaging

老化の原因と老化防止対策とは?活性酸素、糖化、ホルモンとの関係【2022】

老化によって体がさびついてくると言われるのは、悪玉酸素の活性酸素によって身体の細胞が酸化してしまうからです。身体が酸化するといってもピンとこないかもしれませんが、りんごを切ってほって置くと茶色く変色するのと同様のことが身体に起こっているのです。そもそも、身体は食材から取り込んだ糖質や脂質を、外気から取り込んだ酸素を反応
美容のAntiaging

寝る前の簡単ストレッチのやり方と効果とは?ダイエットや冷え性への効果【2022】

女性にとって大敵である体脂肪をなんとか減らしたいと考えている人も多いですが、この体脂肪は基礎代謝によって睡眠中であっても燃焼しています。この体脂肪が基礎代謝により燃焼するためには酸素が必要となるのですが、睡眠中の血液の流れが悪いと、体中に酸素が行き渡らずに体脂肪の燃焼効率が落ちてしまうことになるのです。そこで、就寝前に
健康のAntiaging

難聴の原因と症状とは?耳の老化の年齢と予防・治療の方法【2022】

耳は、私達が他人と話すときにコミュニケーションするときの受動器官として使われますし、無意識に様々な音を拾うことによって危険を察知するための器官として働いています。この耳の老化は、40歳前後から始まりその後は次第に衰えていきます。その原因としては、ストレスや加齢によって、内耳の機能が衰えてくることや、血液の循環機能が低下
健康のAntiaging

女性の更年期障害の年齢と症状、生理との関係とは?予防の食事と運動【2022】

更年期障害の更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが低下してしまい、体内の女性ホルモンの量が減少した状態で、その後身体が安定するまでの時期をさします。具体的には、閉経をはさんでその前後10年程度を指すことから、日本人の平均的な閉経年齢は51歳なので、大体40歳半ばから50代半ばくらいの期間が更年期にあたることにな
健康のAntiaging

脳の委縮の原因と認知症やアルツハイマー病を予防する方法や食事とは【2022】

中年以降になると、よく人の名前が出てこないなどの物忘れの症状がでる人が多いですが、単なる物忘れであれば、栄養や睡眠などの生活習慣に気をつければ改善されます。しかし、生活習慣などを改善しても物忘れの症状が改善されないのであれば、認知症の疑いをもつことが重要です。認知症においても早期発見は大事なのです。適度な運動をし、脳に
男性のAntiaging

男性ホルモンの効果と種類とは?テストステロン・成長ホルモン・DHEA【2022】

一般的に皆さんも聞いたことのある男性ホルモンとは、5種類のホルモンの総称のことをいいます。そして、そのうちの95パーセントを占めるのがテストステロンです。テストステロンは、コレステロールを原料にして睾丸で作られることから、コレステロールの過剰な取りすぎは良くないことであるといっても、ダイエットや菜食主義などでタンパク質
スポンサーリンク