美容のAntiaging

美容のAntiaging

腹痛や下痢にもつながる女性の冷え症改善方法とは?半身浴と食べ物との関係

筋肉を鍛える冷えへの対処法とは 体を温める冷えへの対処法とは 体を温める食べ物での冷えへの対策とは 女性にとって手足や体の冷えは悩みの種ですが、冷えは単に体が寒いというだけではなく、基礎代謝が低下したり免疫力が低下してしまったりと様々な悪影響をもたらすのです。
2020.06.30
美容のAntiaging

噛む回数の増加の効果と満腹中枢を刺激する方法とは?かかる時間とダイエットとの関係

よく噛んで食べることの効果とは よく噛む事が痩せやすい別の理由とは よく噛んで食べる事と唾液との関係とは 良く噛んで食べる方法とは 食べるのが好きでダイエットしたいにもかかわらずたくさん食べてしまう、という方は多いですが、このような人は食事をする際に1口につき20回は噛んで食べるようにしましょう。
2020.06.30
美容のAntiaging

自律神経の乱れの原因とダイエット・体重への影響とは?

自律神経という言葉を聞いたことがある人は多いのかもしれませんが、自律神経というのは、本人が意識していないことを自動的に行っている神経のことをいいます。例えば、普段食事において食べものを口に入れて飲み込むと、後は自動的にトイレに行くと食べた食物は消化吸収されて便として排出されてきますが、この勝手に消化吸収してくれる作業は
2020.06.30
美容のAntiaging

DHEAの効果と増やし方とは?副作用や不妊への効果

DHEAという言葉はあまり聞きなれていないかもしれませんが、DHEAは男性ホルモンと女性ホルモンの源となるホルモンで、マザーホルモンとも呼ばれている重要なホルモンなのです。女性にとって女性ホルモンも男性ホルモンも若々しさを保つために重要なホルモンなのですが、DHEAを摂取することによって、この女性ホルモンと男性ホルモン
2020.06.30
美容のAntiaging

男性ホルモンが多い女性の特徴と男性ホルモンを増やす食べ物とその効果とは?

女性において1日に分泌される男性ホルモンの量とは 男性ホルモンが女性の体に与える影響とは 男性ホルモンの分泌量を上げるためには 男性ホルモンの別の意外な効果とは 女性の体において、1日に分泌される男性ホルモン(テストステロン)の量は、通常の男性の約10分の1から20分の1しかありません。
2020.06.30
美容のAntiaging

若さを保つホルモンの種類と効果とは?老化予防とDHEA、メラトニン、成長ホルモンとの関係

ホルモンは、人間の脳内や卵巣などの内分泌腺において分泌され、身体の成長や働きを調整する物質の総称のことをいいます。このホルモンの種類は100種類以上あるとされており、血管を通して分泌され、体温を調整したり血液の流れを調整したり、身体の各部の様々な機能に影響を及ぼしているのです。煙草を吸うと血管が収縮してしまい、血液が体
2020.02.01
美容のAntiaging

寝る前の簡単ストレッチのやり方と効果とは?ダイエットや冷え性への効果

女性にとって大敵である体脂肪をなんとか減らしたいと考えている人も多いですが、この体脂肪は基礎代謝によって睡眠中であっても燃焼しています。この体脂肪が基礎代謝により燃焼するためには酸素が必要となるのですが、睡眠中の血液の流れが悪いと、体中に酸素が行き渡らずに体脂肪の燃焼効率が落ちてしまうことになるのです。そこで、就寝前に
2020.06.30
美容のAntiaging

女性の太りやすい時期とは?思春期,妊娠・出産期,中年期,閉経後

女性にとって太るというのは大きな悩みですが、女性の一生において体が勝手に太ろうとする時期が4回あるのです。思春期、妊娠・出産期、中年期、閉経後のこの4つの時期が、体からの要求と体の機能の衰えから、食事で取るエネルギー量が体を動かして消費するエネルギー量を大きくオーバーしてしまいます。これが太りどきです。脂肪を増やして。
2020.06.30
美容のAntiaging

基礎代謝を上げるには?老化防止やダイエット対策の方法

ずっと若い体でいたいというのは誰しもが憧れることですが、実際には男性も女性も18歳前後になると、体の成長が止まってしまいます。そして20歳以降になると、ずっと体の老化の現象が続くことになり、初めはゆっくりですが、30代に入ると老化は加速し始めてしまいます。中年の仲間入りをする40歳前後になると、体は大きな曲がり角を向か
2020.06.30
美容のAntiaging

歯周病の予防と原因とは?加齢と老人がなる理由

通常、正常な永久歯は上下左右それぞれあわせて、そして通称親知らずと言われる第三臼歯とがあり、合計28~32本もの歯があります。しかし、この歯の本数は、虫歯や歯周病などが原因となり、加齢にともなって次第に減少していくのが普通です。歯の状態が悪くなると、見た目だけではなく十分な咀嚼ができなくなることから、消化不良になってし
2020.06.30
スポンサーリンク